MENU

J:COMの撤去工事や光回線のテレビ工事では屋根上のアンテナには一切関わらない

タイトルの通りですが、J:COMの撤去工事と光回線のテレビサービスの工事では屋根上のテレビアンテナは一切見てもらえません。

ケーブルの配線などの関係でベランダに出ることはあってもはしごを使って屋根上に上がることはありません。作業員たちも「自分たちは屋根上には上がら(れ)ない」と言っているので頼んでも無理です。

私のケースですが、J:COMの撤去工事の時に作業員に「光テレビの工事はサービスがよく、アンテナも見てくれる」と言っていました。ただ、その後スマート光に電話すると、「テレビの工事では屋根上のアンテナは見れない、中だけ」と言われました。

実際、やはり@スマート光のテレビの工事では屋根上のアンテナは見てもらえませんでした。J:COMの撤去工事の時と同様に、「うちはアンテナは見ない」と言われました。

ここまで屋根上のアンテナについて書いてきて、「いや、別に屋根上のアンテナは見てもらう必要は特にないでしょ?」と思うかもしれません。

ただ、J:COMの撤去作業後(中)に地上波やBSのテレビが映らなくなるケースが割とあるようです。実際、私も撤去工事後に地上波が映らなくなりました。

テレビが映らなくなると、アンテナの状態が気になるので確認してほしくなります。ただ、J:COMの撤去作業や光回線のテレビ(テレビサービスを追加する)の工事ではアンテナは見てもらえないんです。

今後、光回線のテレビやフレッツテレビでテレビを見る場合は、屋根上のアンテナは壊れていても問題ないと思います。

ただ、私のようにJ:COM(ケーブルテレビ)を解約してその後屋根上のアンテナで地上波やBSを見ようとしていた場合はアンテナで見れないとなると困るんですよね。

アンテナも自分で屋根に上って確認して原因が特定できる方は少数だと思います。

私もアンテナが故障しているのか向きがズレているのか地上波が映らない理由がよく分かりませんでした。

私の場合は、J*COMの撤去工事の後に行った光回線のテレビの工事の人から聞いたのですが、おそらくアンテナの配線が繋がってなかったから地上波が映らなかったのだと思います。ただ、その配線を繋げるのも自分ではよく分からないですからね。。

結局私は、J:COMの撤去工事後から光回線のテレビの工事が完了するまでの約1ヶ月間は室内アンテナを使って地上波のテレビを見ていました。

その後、屋根上の地上波とBSのアンテナは不要となり、今後もアンテナを使ってテレビを見ることは少なくとも10年以上はないと思ったので2つとも近くの電気屋さんに1万円程で撤去してもらいました。

本文でも書きましたが、J:COMの撤去工事後にテレビが映らなくなる(アンテナで見れない)ことが割とあるようですので、一応頭に入れておいた方がいいです。

テレビが映らない場合、すぐに光回線のテレビの工事を依頼しても工事まで1ヶ月以上待たされるケースも普通にあります。

すぐに(早くて翌日)テレビが見たい場合は、室内用のアンテナを購入する。(早ければ翌日届く)

または、屋根上のアンテナが壊れている場合は修理するか新しいものに取り換えるしかないと思います。アンテナ本体は問題なくてもアンテナの配線に問題がある場合も有り得ます。

目次