MENU

初めての光回線からのキャンペーンを利用したお得な乗り換え方法

先に結論を書いてしまいますね。

利用する光回線に関しては、現在契約しているスマホのキャリアなども重要なので人によって異なります。

ただ、初めて光回線を契約してその後どの光回線に変更(事業者変更)するのがお得かはある程度アドバイスできます。

まず、初めて光回線を契約する場合は初期の開通工事が必須ですので、初期工事費が無料の光回線を選びましょう。

その後、事業者変更する光回線はキャンペーンがお得なところがいいですね。

こういうと、「まあ割と当たり前なこと言ってるよね」とつまらないと思うので、さらに踏み込んだ内容は本文でお伝えします。

目次

初めて契約する光回線は「初期工事費無料」は必須条件

すでに何かしらの光回線に契約している方は、ここの章は飛ばして頂いても大丈夫です。

初めて光回線を契約する場合は初期工事が必要なので、なるべく工事費無料のところに契約した方がお得です。

楽天ひかりのように、初期工事費が19800円でその他のキャンペーンが充実しているところもありますが、それでも最初は初期工事費が無料の光回線がいいと思います。

最初に契約する光回線は初期工事費を無料で済ませるためだけに契約してもいいわけですから。

その場合、契約期間の縛りがなく解約金も発生しない光回線なら、すぐに事業者変更できるので文句なしですね。

また、初期工事費無料と言っても、「完全無料」と「実質無料」があります。

割合でいうと、工事費完全無料の光回線の方が少ないです。

もちろん、できれば完全無料の方をおすすめします。

「実質無料」とは、月額料金が1年間に渡って工事費分(19800円とか)が毎月分割で値引きされるようなケースです。

なので、実質無料の場合、実質1年間など契約期間の縛りがあるようなものです。

1年以上の契約でも問題ない方は工事費実質無料の光回線でもよいかと思います。

人気のあるGMOとくとくBBドコモ光やソフトバンク光などは初期工事費が実質無料ですね。

ちなみに、初期工事費が「完全無料」で契約期間の縛りがなく解約金もない光回線は、@スマート光です。

私は最初に@スマート光に契約しました。

縛りがないので光回線の開通工事完了後(2、3日は待ってください)すぐに事業者変更することもできます。

カスタマーサポートでも確認済みです。

私のように、初期工事費無料で契約して短期間の契約で楽天ひかりなど他社に事業者変更したい場合は、非常に助かります。

初めて(久しぶりでもOK)光回線の申込みをして無事開通して、その後事業者変更を予定していないのであれば、ここで終了です(笑)

光回線を定期的に事業者変更をすると、年間5万円節約できることも

ただ、1年~2年ごとにお得なキャンペーンを実施している光回線に事業者変更をすると、年間で通信費が5万円前後節約できたり数万円~8万円ほどキャッシュバックを受けられる光回線もあります。

なので、あまり光回線業者や回線スピードに拘りがなく、少しでも通信費を抑えたい方は定期的に事業者変更するのもおすすめです。

事業者変更というとなんだか難しそうですが、スマホのキャリア変更(MNP)のようなものです。MNPは1度くらいやったこともある人も多いと思います。

手続きをすると自動的に利用する事業者(光回線)が切り替わる感じです。

個人的には、MNPよりも光回線の事業者変更の方が手続きが簡単で、尚且つ節約できる金額も多いと感じます。

スマホのMNPではそんなに1年ごとにやってもその都度5万円とかお得にならないですよね。

では、「どの光回線に事業者変更したらお得なの?」ということですが、これは現在利用しているスマホのキャリアが重要である場合があります。

もちろん、スマホのキャリアがどこであっても関係ない光回線もあります。

それでは、次の章から利用しているスマホのキャリアごとにお得な光回線を紹介します。

楽天モバイルなら迷わず1年間無料の楽天ひかり!

楽天モバイルに契約している方は500万回線とのことなので、利用者はそれほど多くないかもしれません。

もし楽天モバイルを契約している方は、楽天ひかりは1年間月額料金が無料になるのでかなりお得です。

楽天ひかりは戸建ての場合でしたら月5280円なので、年間で63000円ほど節約できる計算です。

私も楽天モバイルユーザーなので迷わず楽天ひかりに事業者変更しました。

私のようにスマホのキャリアにあまり拘りがなくスマホの利用頻度(データ使用量)が少ないのであれば、楽天ひかりを1年間無料で利用するためだけに楽天モバイルを契約するのも悪くないと思います。

ただ、めっちゃお得にみえる楽天ひかりですが、デメリットもいくつかあります。

まず、光回線としては回線速度が劣ります。ドコモ光やソフトバンク光の半分くらいにスピードです。

速度が劣るといっても、私のようにゲームを全くしないとかで回線速度をそれほど気にしない人であれば特に問題ありません。

もう1つ、楽天ひかりは初期工事費は無料ではなく19800円かかります。

私が最初に楽天ひかりを契約しなかったのも初期工事費用がかかるからです。

事業者変更で楽天ひかりに移行する場合は、もちろん工事費は不要です。

楽天モバイルユーザーで、光回線の速度に拘りがなく、尚且つ事業者変更で契約する場合は、楽天ひかりは非常におすすめです。

ドコモユーザーならGMOとくとくBBドコモ光

ドコモユーザーでしたら、GMOとくとくBBドコモ光がお得です。

初期工事費も「実質無料」ですので、事業者変更での契約だけでなく初めての契約としてもGMOとくとくBBドコモ光はおすすめです。

実は私は最初にGMOとくとくBBドコモ光を契約しようと思っていました。

ただ、いざ申し込みをしようとすると、ドコモユーザーでないと契約できないという事実を知り諦めました。

さすがに、すぐに楽天モバイルからドコモに切り替えようとは思いませんでしたね。

今後スマホのキャリアをドコモに切り替えるのなら、楽天ひかりの1年間無料キャンペーンを利用してからでもいいかなと思いました。

正直、キャンペーンの充実度でいえば、このGMOとくとくBBドコモ光はトップクラスです。1年以上継続して利用する場合はめちゃくちゃお得です。

利用者も多いですし、ドコモユーザーでしたら初めてでも事業者変更でもこのGMOとくとくBBドコモ光がおすすめです。

私も今後、事業者変更でのGMOとくとくBBドコモ光の利用を考えています。

ソフトバンクユーザーならソフトバンク光

スマホのキャリアがソフトバンクでしたら、ソフトバンク光がおすすめです。

ソフトバンクユーザーでしたら月額料金が少し安くなります。

あとは、キャンペーンもGMOとくとくBBドコモ光に負けず劣らずかなり充実しています。

初期工事費は実質無料、キャッシュバックあり、利用していた回線の解約金の負担あり、とかなりお得です。

ソフトバンク光も基本的には1年間以上の利用が条件といってよいでしょう。

ソフトバンク光は、スマホがソフトバンクユーザーでなくても利用できます。

私も最初に契約する光回線の候補の1つでしたが、実質1年ほどの縛りがあるので諦めました。

初期工事費が実質無料である点やキャッシュバクなんかもすぐに貰えるわけではないのも、契約しなかった理由です。

1年間とかでみればかなりお得なんですけどね。

楽天ひかりを1年で解約すると違約金が発生するので、楽天ひかりの次はソフトバンク光に事業者変更してもよいかな、と考えています。

光回線のお得な乗り換え方法まとめ

私の場合は現段階では、@スマート光→楽天ひかりの状態です。

ちなみに、@スマート光の前はケーブルテレビのJ:COMを利用していました。

ネット環境よりも有料のテレビ視聴を重視するならJ:COMも悪くないんですよ。

ただ、テレビをあまり見なくなったので、思い切ってJ:COMのネットも電話もまとめて解約して光回線に移行しました。

結果的に大正解でした。

もっと早く光回線にしておいてもよかったです。

今後の予定はまだはっきり決まっていないのですが、スマホをドコモに変更しないのならソフトバンク光が第一候補かなと思っています。

楽天モバイルユーザーでないのなら、正直、楽天ひかりに契約するメリットはほとんどありません。「1年間無料のキャンペーン」以外これといって大きなメリットはないからです。

やはりこうやって色々書いてみましたが、改めて見ても光回線で最初に@スマート光に契約したのは大正解だったな、と個人的には思っています。

初期工事費完全無料はもちろん、契約期間の縛りなしと解約金なしはかなり大きいですね。おまけに、@スマート光は申込みから開通工事までが早いのもよい。そして月額料金も割安。

初めて光回線を契約する場合、「初期工事費完全無料と契約期間縛りなし・解約金なし」を重要視するのなら@スマート光はおすすめです。

この2つの条件がそろっている光回線は少ないです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

目次