MENU

J:COMの全撤去の工事で室内のケーブルは残すべきかどうか

目次

大半の人は室内のケーブルは残す

結論から言うと、J:COMの全撤去の工事でも工事の人曰く、大半の人は室内のケーブルを残すようです。

だからといって、単純に「残した方がいい」とも言えないのですが。

その理由は本文でお伝えします。

J:COMの全撤去工事では屋外のケーブルは撤去される

ちなみに、屋外のケーブルは全撤去の場合は撤去されます。

屋外の作業員からはケーブル・その他のことに関しても何も聞かれることはありませんでした。

今後またJ:COMのケーブルテレビを利用する可能性がそれなりにある場合は、部分撤去の方がよいかもしれません。

私は今後J:COMのテレビやネットを利用する可能性はほぼゼロだったので全撤去にしました。

まとめますと、J:COMの解約後の全撤去工事では、

・屋内のケーブルは残すかどうかはどちらでも可能

・屋外のケーブルは強制的に撤去される

J:COMの室内のケーブルはお客様のモノなので、残すかどうかは自分で決める

私は当初、「全撤去」なので外だけでなく室内のケーブルもすべて撤去されるのだと思っていました。

残すかどうかも自分では選べず、普通に強制撤去だと思っていました。

ただ、実際にはケーブルを撤去するかどうかはどちらでもよく、お客様が決めるようです。

私はそれでも「一般的には皆さん室内のケーブルは撤去されるんですよね?」と聞いたら、「いえ、95%くらいのほとんどの方は室内のケーブルは残されます」と言われました。

え、今回も早くも想定外。。。(こういった工事は意外と想定外なことが起こります(私だけではないはず))

今後光回線のテレビを契約する予定があるなら残した方がいい

そう言われると、「残した方がいいの?」「何かメリットがあるわけ?使わないのに邪魔じゃない?」と思ったので、そのように質問しました。

人にもよるようですが、「今後光回線のテレビ(フレッツテレビ)を契約する予定があるのなら残しておいた方がいい」というようなことを言われました。

または、再度J:COMを契約する可能性がある場合などですね。

私はこの時点で、今後のJ:COMの再契約はほぼ100%なかったですし、光回線は契約していましたが光回線を利用したテレビサービスの利用は全くといっていいほど考えていなかったので、少し悩んで予定通り室内に張り巡らされているケーブルを切ってもらいました。

邪魔にならない程度に室内のケーブルは少し残しておいた方がいいかも

ただ、念のためケーブルは壁から出ているところだけは少し残しておいてもらいました。

壁から出ているケーブルまで抜いてしまうと穴が見えてしまうというのもありました。

壁から少し出ているくらいなら邪魔にはならないですし。

で、ケーブルを切ったこの後いろいろと厄介なことが起こります。

正確には室内のケーブルではなく、屋外のケーブルを撤去した影響でしょう。

まず、地上波が映らない!!!

え、屋根上のアンテナが壊れてるの??

で、すぐにこれなら光回線のテレビを契約するのもアリかと考えます。

「あれ、さっき光回線のテレビ利用する予定があるならケーブルは残しておいた方がいい」って言ってたよな。。

やば、最悪。。

いや、こんなの想像できないし。

屋根上のアンテナは壊れてるとは思ってなかったし(実際は壊れていた可能性は低い)、もし見れないとしても地上波ではなくBSの方だと思ってたし。

結局は、室内のケーブルは残してあってもなくても特に問題はなかった

で、今となってはなんですが、結局、私の場合はケーブルは切っても特に問題なかったです。

その後、光回線のテレビサービスを追加して工事してもらったのですが、その時に工事の人にJ:COMの時に利用していた室内のケーブルは切らなければ今回の工事費用は安くなっていたのか」を聞いたら同じだと言われました。

一応、念のため壁から出ているケーブルを少し残しておいたのはよかったみたいです。壁から出ているケーブルを完全に撤去しても光のテレビの工事費は変わらなかったと思いますが。

室内のテレビ配線はJ:COMよりも光回線のテレビの方がスッキリしている

ちなみに、光回線のテレビの工事では室内のケーブルはJ:COMの時のようにはしかれませんでした。

壁から出ているケーブルはテレビと繋ぎますが、リビングの壁沿いに張り巡らされていたケーブルは再度しかれることはありませんでした(これが1番邪魔)。結果的には、特にリビングの邪魔だった配線がすっきりしました。

結果的には、私は室内のケーブルをほとんど撤去してもらって正解だった

結果的には、J:COMの室内のケーブルは結構邪魔だったのでほとんどを撤去してよかったと思っています。

ちょっと一時焦りましたけどね(笑)

一応、J:COMの撤去工事後に屋根上のアンテナでテレビが見れないということも想定しておいた方がいいです。

私のケースと同じように撤去工事後に地上波なりBSなりテレビが見れなくなることは割とあるようですので。

ちなみに、アンテナ自体は問題なくても(壊れていなくて修理したり新しく買い替える必要がない)、テレビの外の配線が外れてしまってテレビが映らないというようなこともあるようです。(私の場合も多分こちらのケース)

まとめ:大半の人は室内のケーブルは残すようだが、邪魔なら撤去してしまっていい

ということで、表題の件についてですが、一般的には大半の方はどういった理由でかは人それぞれかと思いますが、J:COMの全撤去工事時に室内のケーブルは残すようです。

今後またJ:COMを利用する可能性がそれなりにあるのなら、室内のケーブルは残しておいてもよいと思います。

私的には撤去工事を経験してみて、単純に室内のケーブルが邪魔(邪魔というか不要)なら撤去してもいいというか、撤去した方がいいと思っているくらいですが。

もちろん、外したケーブルは持っていってもらえます。んなもんいらんわ(笑)

私と同じように、今後何らかの理由で予定外の光回線のテレビサービスやフレッツテレビを利用する場合でも、室内のケーブルはあってもなくても工事費用は変わらないはずです。

室内のケーブルを残すかよりも、撤去工事後にテレビが映るかどうかの方が重要

全撤去の工事をしてみて私が感じたのは、室内のケーブルを残すかどうかよりも、J:COMの撤去工事後(中)にテレビがしっかり映るかの方が重要です。

もしテレビが映らないと、またひと手間ありますから。

ひと手間とは、テレビをアンテナで見るのか、光回線のテレビで見るのかを決めたりですね。

つまり、テレビアンテナの修理や交換であれ光回線のテレビの導入であれ、5000円前後~5万円ほどお金がかかります。

私は、光回線のテレビの工事が終わるまでは繋ぎとして室内アンテナ(約7500円)で1ヶ月ほど地上波だけですが見ていました。

屋根上のアンテナは光回線のテレビの工事後に不要なので撤去しました。

私の場合は、テレビを見るのに屋根上のアンテナは今後使う可能性は低かったので。

目次