MENU

初めて契約する光回線で@スマート光をおすすめする4つの理由

それはずばり、

①初期工事費用が「完全」に無料

②契約期間の縛りがない、解約金が発生しない

申し込みから光回線開通までの期間が短い

月額料金が安い

2022年12月現在、この4つの条件がすべて揃っている光回線はほとんどありません。(ゼロかも)

逆にデメリットもあり、それは光回線としては@スマート光は回線速度は劣ります。

私のようにゲームをしないなど速度を気にしない方で初めて光回線を契約する方にとっては、@スマート光はとてもおすすめです。

もちろん、事業者変更や転用で利用する場合でも②と③と④の恩恵は受けられます。

それでは1つずつ解説していきます。

目次

@スマート光は初期工事費用が「完全」に無料

私にとっては初期工事費用無料が契約する1番大きな決め手になりました。

正直、初期工事費が無料でなかったら契約していなかったです。

初期工事費用が無料になる光回線は他にもあります。

ただ、工事費が「実質」無料になる光回線は割とありますが、「完全」に無料になる光回線は少ないです。

実質無料とは例えばですが、本来負担するはずの工事費用(19800円とか)を月額料金から毎月1年間に渡って値引きするとかです。

なので、実質無料の工事の場合は開通工事の翌月に工事費用を支払うことになります。

また、上記のケースだと1年間とか10ヶ月の値引きなので実質その期間は解約することができません。値引き期間内に解約したら違約金が発生するはずです。

@スマート光の場合は、初期の工事費用は完全に無料なので、開通工事の翌月に工事費用を支払う必要はありません。

無料になるのは最大4つです。

事務手数料(3300円)

光回線の開通工事費(戸建て19800円、マンション16500円)

光電話工事費(1100円)

テレビ工事費(6380円

事務手数料と開通工事費用は適用されます。

オプションの光電話とテレビは最初に一緒に申し込んだ場合に限り有効です。

なので、すべて申し込めば最大で30580円相当が無料になります。

ちなみに、まさに私のケースなのですが、最初に開通工事と光電話の工事を申し込んで開通完了した後に、後日オプションのテレビを追加して工事をしてもらった場合は上記のテレビの6380円は無料とはなりません。

私の場合は、最初にテレビには申し込まなかったので24200円相当(戸建て)が無料になった計算です。

また、テレビの工事の場合は、6380円の他に15000円~30000円ほど別に工事費用がかかります。

なので、上記のテレビ工費の6380円が無料になっても、それ以外に15000円~30000円ほどのテレビ工事費用が必要となります。また、土日の工事の場合は追加で3300円かかります。

私は最初の開通工事の時にオプションのテレビを申し込まなかったので、テレビ工事費は33000円ほどかかりました。

光回線のテレビを利用する予定がある方は、最初に一緒に申し込んでおいた方がよいかもしれません。

契約期間の縛りがない、解約金が発生しない

契約期間の縛りがなく解約金が発生しないのも非常に大きなメリットです。

契約期間は最低利用期間、解約金は違約金、とも解釈できます。

多くの光回線は1年~2年ほどの契約期間があります。

人気のあるNURO光だと契約期間は3年と長いです。

契約期間内に解約や事業者変更をすると、3500円~2万円程の解約金が発生します。

解約金が、「1ヶ月分の月額料金(5000円前後)」という光回線もあります。

もし私だったら、@スマート光が初期工事費無料でも1年以上の契約期間があり解約金が1万円以上するようなら契約していなかったかもしれませんね。

ソフトバンク光か楽天ひかりあたりに契約していたと思います。

私は元々新規で光回線を契約してなるべく早く1年間無料の楽天ひかりに事業者変更したかったので、契約する上で初期工事費無料と解約料なしが最優先事項でした。

月額料金に関しては二の次というかあまり重要なことではありませんでした。長期で契約する場合は重要なのですが。

実は、@スマート光は2022年6月30日以前に新規で申込みをした場合は、「契約期間2年間・解約金22000円」という縛りがありました。

この2年の契約期間と解約金22000円があったら初期工事費無料でも私なら絶対に契約しなかったですね。特に解約金22000円は高すぎます。

申し込みから光回線開通までの期間が短い

@スマート光は申込みから開通までの期間が短いのも助かりますね。

光回線の開通を特に急いでいない方もいると思いますが、1日でも早く利用したい方の方が多いのではないかと思います。

@スマート光は、光回線の中では申込みから回線開通までがかなり早い部類といえます。

@スマート光は早ければ申込みの10日後~2週間後くらいに開通工事をしてもらえます。

他の光回線だと申込みから開通まで平均すると1ヶ月程かかります。

2週間の違いは大きいですよね。

もちろん、申込み時の混雑状況やテレビの工事もする場合は、@スマート光でも1ヶ月ほど待たされるかもしれません。

私は、初期工事はネットと光電話のみでしたが、申込みをしてちょうど15日後に回線の工事が完了しました。

@スマート光の申込み時に、工事予定日は最短で希望していました。

最短で11日後に工事が可能でしたが、これは立ち合いなしの工事なので、立ち合いありで最も早い日にしてもらいました。

立ち会い有りでも空きがあれば早ければ申し込みから10日、11日後くらいに工事日を予約できるかもしれません。

こう言ってはなんですが、@スマート光はドコモ光やソフトバンク光などメジャーな光回線と比べると、申込数もそれほど多くないので工事も早いのかもしれません。

ちなみに、カスタマーサポートの電話も毎回すぐに繋がります。(2022年12月現在)

利用者がそれほど多くない(?)のもメリットの1つかもしれませんね。

初期工事は、基本的には「立ち合いあり」となります。

私の時は開通工事は1時間半ほどで終了しました。

テレビの工事も同日にする場合は、合計で4時間前後はかかると思っておいた方がいいです。

私は、後日@スマート光のオプションの@スマート・テレビ(光回線のテレビサービス)の追加工事を申込しました。

ただ、テレビの工事は予約も多かったからか最初は申込から41日後の工事予定でした。

その後、運よくお問い合わせしたら空きがあったので12日前倒しできました。

結局、テレビの追加工事は申込んでから1ヶ月後となりました。

テレビの工事は最初にネットや電話などとまとめて実施する場合も追加で単体で工事をする場合も、1ヶ月程は待たされると思っておいた方がよいと思います。

月額料金が安い

月額料金も重要ですよね。

@スマート光は通常プランの1ギガだと月額4730円(税込)です。

10ギガは月額5830円(税込)です。

基本的には1ギガのプランでよいと思います。私も1ギガです。

もう少し安い光回線もありますが、契約期間の縛りがなく違約金なしで好きな時に解約したり事業者変更したりできることも考慮すると、割とお得な料金だと思います。

大手の光回線は月5000円~6000円のところも多いですからね。

@スマート光には格安プランもあります。

格安プランだと1ギガ、10ギガ共に月330円安くなりそれぞれ月4400円、5500円です。

格安プランの場合は、初期の開通工事費は無料になりません。

格安プランは5年以上など長期で契約する場合は悪くはないと思いますが、基本的には通常プランでよいと思います。私も最初から通常プランです。

スマホのキャリアによってはドコモ光やソフトバンク光の方がお得のケースも

初めての光回線の契約で、必ずしも@スマート光がベストというわけではありません。

特に使用しているスマホのキャリアによっては他の光回線の方がお得なこともあります。

例えば、ドコモのユーザーであれば、GMOとくとくBBドコモ光がキャンペーンがとても魅力的でお得です。

実は私も最初は@スマート光ではなくGMOとくとくBBドコモ光に契約する予定でした。

しかし、いざ申し込みのページを開いてみるとドコモユーザー限定の光回線でした。

ホームページにもちょろっと書かれていますが分かりにくいです。

もっと大きく目立つように「ドコモユーザー限定の光回線です」と書いてほしいものです。

ahamoなどでも大丈夫ですが、ドコモに登録するなら利用できる、と。

私は楽天モバイルを使用していたので、少し迷いましたが諦めました。

光回線の契約のために今すぐにスマホのキャリアを変えようとまでは思わないですね。面倒くさい。

@スマート光とは違い、GMOとくとくBBドコモ光は契約期間がそれなりに長いのも契約しなかった理由の1つです。

ソフトバンクユーザーならソフトバンク光も悪くないと思います。

月額料金が少し安くなるようです。

ソフトバンク光も候補の1つでしたが、前に契約していた回線の解約金を負担してくれるので、楽天ひかりの次に事業者変更しようかなと検討中です。

私のように、楽天モバイルを利用しているのなら、楽天ひかりは利用しておいて損はありません。

何といっても、1年間利用料金が無料になる光回線は他にはありませんからね。

ただ、楽天モバイルユーザーであっても楽天ひかりは最初に契約する光回線としては微妙です。

なぜなら、初期の開通工事費用が19800円かかるからです。

もし、楽天ひかりの初期の工事費用が無料だったら、私は@スマート光ではなく最初から楽天ひかりに契約していたはずです。

私の光回線の契約順序(予定)は、@スマート光→楽天ひかり→ソフトバンク光やGMOとくとくBBドコモ光(予定)という順序の契約で考えています。

楽天ひかりは1年間の無料期間が終了したらすぐにでも事業者変更する予定です。

楽天ひかりは2年間の契約期間があるので5280円の解約金が発生しますがこれは仕方ないです。

初めての光回線契約は@スマート光がおすすめまとめ

初めて光回線を契約する場合は、やはり本文でも書きましたが私は初期工事費用が完全に無料であることが最重要だと考えています。

もちろん、他にキャッシュバックなどのキャンペーンも大事ですが。

尚且つ、契約期間の縛りがなく解約金がないと最高ですね。

この2つの条件が揃うと、光回線の初期工事を無料でしてもらいその後すぐに事業者変更ができます。

私のように、なるべく早く楽天ひかりに事業者変更したい時などは本当に助かります。

最初の開通工事は立ち合いなどもありやや面倒ですが、その後の事業者変更はネットで申込んで1ヶ月ほど待っていれば自動的に完了ですからとても楽です。

念のため書いておきますが、回線の工事でもテレビの工事でも工事が完了してから2、3日経ってからでないと事業者変更はできません。

逆に言うと、契約後半年以内とか割とすぐに事業者変更をする予定がない場合は、@スマート光はそこまで際立つ恩恵はないのかなとも感じます。

個人的に@スマート光で他におすすめできるポイントとしては、サービスが分かりやすくシンプルであること、カスタマーサポートがいつでも繋がりやすいことなどですかね。

長期契約前提なら、(実質)契約期間の縛りのあるGMOとくとくBBドコモ光やソフトバンク光の方がよいかもしれません。

GMOとくとくBBドコモ光、ソフトバンク光のほか楽天ひかりなどは、それぞれのキャリアのスマホのユーザーであれば事業者変更先としてはかなりおすすめです。

私も、今後光回線をお得に利用するためにスマホのキャリアを定期的に変更していこうかなと思っているくらいです。

光回線もスマホも利用するキャリア(会社)には特にこだわりはないですし。

現状スマホの使用量が1ヶ月3GB未満の私にとっては、楽天モバイル+楽天ひかりがベストのように感じますが。

楽天モバイルユーザーで楽天ひかりを利用する場合、スマホとネット代金は最初の1年間はスマホ代のみです。

スマホの1ヶ月のデータ使用量が3GB未満なら月980円(税込1078円)です。通話も楽天リンクというアプリを使えば無料です。

たとえ1年間限定のキャンペーンでも通信費(光回線+スマホ)が1年で13000円ほどで済むというのは異常です。

少し前までは楽天モバイルは1GB未満は無料だったので、私みたいにスマホをあまり使わない人は楽天のスマホと光回線を利用すれば1年間通信費が無料だったわけです。

楽天モバイルと楽天ひかりを契約していると、楽天市場のSPUがポイント最大+4倍になるのも楽天ユーザーには嬉しいですね。

楽天市場でダイヤモンド会員で、例えば1ヶ月で25000円の買い物をすると1000ポイント貰えるのでスマホ代の月980円も実質無料みたいなものです。

う~ん、やはりしばらくは楽天モバイルと楽天ひかりでよさそうかな。

au光やNURO光などはまた上記の3つとは違う光回線の修理になるのでここでは割愛します。

目次